ドコモ 携帯の新機能使い方 忍者ブログ
ドコモの携帯の使い方や新機能や新サービス等、気になるドコモの携帯電話のことを紹介。各ショップや料金プランも


[インターネット限定] 衝撃!スマートフォンが無料>>

 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NTT ドコモにはドコモショップが全国にあり、ここではドコモの携帯電話や携帯(ケータイ)の新規契約や解約、携帯の機種の機種変などが容易に行える場所であります。

このドコモショップは北海道、東北、北陸、関東、関西、東海、中国、四国、九州にあります。またドコモの海外携帯も販売されていることから国際電話をかけることもできるようになりグローバルな生活や国際的な活動をおこなっている人にも便利な機能が増えています。

新宿や渋谷、関西の大阪など各地域にあるショップでドコモキャンペーンなどをおこなっている時もあり、新規の契約者に対して激安の価格でドコモの携帯を購入することができる場合もあります。

詳しくはドコモの公式サイト、ホームページなどにも掲載してありますね。
PR
ドコモの通話料の価格や携帯価格といのも急速に下がってきているといえるでしょう。ドコモの料金プランにも変更がみられます。

ファミリー割引であるファミ割りやひとりでも割りといったプランの導入によりドコモの基本使用料の料金が半額になります。他にもパケットはパケホーダイやケータイでパソコンのサイトを見れるパケホーダイフルなど格安プランがドコモにはあります。

またややこしくてわからない人向けにぴったり料金プランでシュミレーションできるように用意がされています。ドコモにはマイドコモというプレミア(プレミアム)クラブがあるのでポイントを増やすのに適しています。

ドコモのポイントを上手に貯めて使えば機種変更や電池バックなどの備品の購入にも使用できますからね。マイドコモのプレミアクラブを活用するのも一つです。
ドコモの携帯には留守番電話や居場所がわかるGPS、ケータイからテレビが見れるワンセグ機能、ドコモのメールアドレス、ショートメールなど機能が充実しています。

他にもドコモの絵文字が使えたり、デコメール、音楽では着うた、着メロ、着うたフル、アプリなどのiモードや画像なんかも使えますね。ドコモの携帯電話には迷惑メールを防止する機能や着信拒否などの機能も付いています。

これらのドコモの機能を最大限に楽しんで利用しているのが10代などの若い世代なのでしょう。20代も半ばを過ぎると携帯の機能をフルに使っている人口は減ってくるはずです。

またドコモに限らず携帯を頻繁に使っていると気になるのが電池の容量です。電池パックを複数持ち歩く事で解決している人もいますし、ドコモのバッテリーや電池パックを持ち歩くのが面倒であれば充電器を持ち歩くことで解消している人もいます。
ドコモの携帯の人気の機種や新機種について紹介してみましょう。機種変更が容易になったこともあり、ドコモで契約をする人もいれば解約してauやソフトバンクに変える人もいますが、ドコモの端末はphsももうすぐ使えなくなり、foma(フォーマ)が主力となっています。

現在のドコモの新機種となると704i、904i、らくらくホン、シンピュアエルツーです。704iは複数の企業から製作されており、ドコモ704iはD(三菱)、F(富士通)、SH(シャープ)、SO(ソニーエリクソン)、N(日本電気)、P(パナソニック)と各社の特徴がドコモの携帯電話に反映されています。また発売予定の新機種L704i(LG電子)が控えています。

904iシリーズからもD(三菱電機)、F(富士通)、N(日本電気)、P(パナソニック)、SH(シャープ)がドコモの機種としてあります。904があるということは過去には903や903i、902シリーズがありましたね。また703iや702iもあったわけです。スマートフォンやムーバなども懐かしいです。現在はドコモではモトローラが大人気を集めています。
ドコモは携帯電波のエリアも広いですが、フォーマは一時期電波が入りにくいと噂がたったこともあるようです。現在ではドコモの機種によっては日本だけでなく海外でも通話ができるようになっており、ワールド・ワイドに利用することができます。

カードやスポット、コインなどドコモのサービスを上手く利用して快適な携帯環境を整えたいですね。ドコモはテレビだけでなくラジオCMもしいるようですし、ドコモだけというキャラクター作りなど親しまれる努力は怠っていません。

機能や製品のことについてもエンジニアリングやシステムズなどモバイル関連の部署を設置しているようですし、datalink(データリンク)やテクノロジなどもあります。ドコモ法人としての株価などいろんな点から企業の業績や調子をつかむことができますから、これからもドコモにはよりよいケータイ事業をおこなってもらいたいですね。
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]